読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瓢簞は本当はおもちだった

詩の語の録

千成瓢箪

娘「この白いの(ヒョウタン柄)は、名前はおとたまが知ってるけど、本当はおもちだったんだって。しのちゃんの国の、ニッポンの人たちが、ヒョウタンをおもちと間違えちゃったの」

父の虚言癖が将来、君の身に災いとならねばいいが(他人事風味)

1年前の日記

おどる!大バーミヤン(のソファの上)/あそこが私の寝床でございます [74thHeaven] [EOF]