日の丸栓抜き/入れ替えすぎ

バスで移動。高層ビルのある「世紀大道(Century Avenue)」へ。

20091130_153101_0.JPG 20091130_153421_0.JPG 20091130_153941_0.JPG 20091130_161615_0.JPG 20091130_171845_0.JPG

森ビル、いわゆる「上海ヒルズ」の前で写真撮影。なんだか栓抜きみたいな不思議な形をしているビル。微妙な曲線でかっこよく仕上がっているのはわかるけど、これって上の方はテナント相当狭くなっちゃうんじゃないの? フロア断面図を見てみたい。穴は元々日の丸の形の丸を予定していたが、中国の国民感情を逆撫でするんじゃないかということで四角に変更されたという。 ビルの真ん前には磁石のモニュメント。現代芸術らしい。遠くに上海明珠電子塔など、高層ビルが見えるので、それを背景に撮影。それにしても高層ビルというのは、近くにあっても遠くにあっても写真に撮りにくいなぁ。 バスで上海博物館へ。なけなしのやる気を奮い立たせてみたい展示品を計画していったのだが、空振り。4階の民族衣装は展示入れ替え中。王義之の伝書(写し?)も入れ替え中。興味があるものが全部ふさがっており、やる気萎え。古銭を見たり、家具を見たりする程度。各フロアにちょっとだけミュージアムショップの売り場があり、冷やかしながらうろうろ。 館内を歩いているうちに、ちょっと腰痛の気配がしてきた。以前からたまに腰痛の兆しはあったのだが、あまり本格的に発症したことはなかった。今回はバスで長時間移動したり、博物館で歩き回ったり、連日の移動で疲れたりといったことが重なったため、けっこう顕著に出ちゃったみたい。ヨガでもやって、身体を直さないと。身体堅いからなぁ。 集合時間まで時間が余り「外のミュージアムショップを見てきたいなぁ」と思っていたけれど、館内の集合場所に戻ってこられないと困るので、我慢していた。後で調べたら、上海博物館は入場無料らしい。なんだ、だったら外のショップ見てから戻ってくるんだった。がくー。旅行で重要なのは、やはり綿密な情報収集なのであった。 博物館の前にいろんなシーサー、じゃなかった狛犬、じゃなくて獅子像があって面白かった。あちこちの時代の出土品の模造らしい。