読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フードコート・ピストン

11月06日 Ω高野文子 at川口

娘と川口 リリアの音楽イベントへ。あまりきちんとメモしなかったので演者の情報とか曖昧。

音楽のおもちゃ箱

会場のすみっこにイグルーみたいなのがあって面白かった。子供はおうちが好きなんだね。

f:id:mogami74:20161106104209j:plain

英語と日本語を織り交ぜたステージショー。 絵本『ねこのピート』の英和対訳朗読はなかなか面白いなーと思った。子供が面白いと思ったかどうかはちょっとわかんないけど。同じことを英語と日本語で2回言っているのだというのが、直観的にはわかりづらい気もする。

ねこのピート だいすきなしろいくつ

ねこのピート だいすきなしろいくつ

Pete the Cat I Love My White Shoes

Pete the Cat I Love My White Shoes

たまごマラカスを貸し出して遊ぶシーンもあり、これもなかなか楽しかった。うちの子も楽しそうに振っていた。

手遊び

『お月さまこんばんは』
みんな大好き林明子さんの絵本。

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

しろくまちゃんのホットケーキ』
これはうちにもある絵本なので、なじみがあったみたい。

アリオ川口 フードコート

娘と一緒に食事する時にはどういう店、どういう食事にしていいのかいつも迷う。フードコートならなんとかなるだろうと行ってみた。混み合っていたけれど、なんとか一席確保。

親一人娘一人でフードコートに入る場合、世間の人は一体どうやっているのだろう? 娘の料理を注文し、父の料理を注文し、娘の料理を受け取って席まで運んだ後、父の料理を受け取り、また運ぶ、というピストン輸送以外にどうしていいのかわからない。うちの娘がひどく行儀がいい(一人で席でじっと待って居られる)ということを差し引いてもだ。

帰り間際、ジューススタンドを通りがかった時に、娘が「ジュースが飲みたい」と言いだしてくれるとむしろほっとする。選択肢は「与える」「与えない」の二つだけだ。単純化される。

f:id:mogami74:20161106141031j:plain

もちろん今回は「与える」。キウイジュースを選択。父は柿のジュースとやらにしてみた。
氷抜きにしてください、とお願いしたところ、柿のジュースは冷凍柿をミキサーしているので、氷がそもそもないという。成ル程。

『ファンタスティックビースト』

ファンタスティックビーストの写真パネルが面白かった。かばんの継ぎ目を合わせるのが微妙に難しい。

まあ映画そのものは全然見てないけどな。

f:id:mogami74:20170107070101j:plain

娘はこっちの方が断然興味ある模様。

f:id:mogami74:20161106134124j:plain

『しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん』高野文子

カミさんが図書館から借りてきた絵本、ふと見ると高野文子さんで仰天する。高野文子さんてあの高野文子さん?
カミさんは「誰それ」状態であり、まったくこの人はサブカル方面に興味が無い。

高野文子 - Wikipedia

一冊だけ絵本を書いていたのだな、ということらしい。

あらすじは寝ている間に寝具に「おねしょをしないようにお守りください」とか「怖い夢を見ないように」といったお願いをすると、寝具から「まかせろ まかせろ おれにまかせろ」と心強い返事が返ってくる、というもの。絵が軽妙、というか脱力感あって面白い。

1年前の日記

ぼく、むくよ! [74thHeaven]

[EOF]