読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆襲のカラオケ

逆襲のカラオケ

友達とカラオケ。してみると最後にカラオケに行ったのがいつだったか思い出せない。日記を検索してみたが、2010年10月02日に行った記録があり、それより新しい日付のものは見当たらない……記憶でもこれが最後のような気がする。

格好悪いふられ方が似合う男 [74thHeaven]

6年も行ってないのかな。そうかもな……なんせ毎日歌うように過ごしているもんじゃから。

広く声かけした結果、参加者は12名と大所帯で、時間の割に歌った曲は少なめ。5曲くらい歌ったかしら。

Hello / いとこの来る日曜日

Hello / いとこの来る日曜日

  • FLIPPER'S GUITAR
  • J-Pop
  • ¥150

ニルスのふしぎな旅

ニルスのふしぎな旅

みんなが牽制し合って最初の曲を入れようとしないので、最高齢のおっさん(私)が率先して入れる曲は岡村靖幸「SUPER GIRL」。ここからJ-POPに転ぶかアニメソングに転ぶか、会場の雰囲気を見る試金石……というつもりだったが映像がモロに『シティハンター』であり、それは試金石としてはちょっと偏り過ぎ(苦笑)

しかし「SUPER GIRL」効果をかんがみるまでもなく、みんなアニメソングが大好き、ボカロが大好き。若い世代がアニメに抵抗なくなってきているのはなんとなく気づいていたが、20代はほんとなんの抵抗もないのね。おっさんびっくりしたよ。アニメソング歌うのに遠慮しなくていいの、ホント楽。

逆におっさんは時代に気を遣えという話はあって、『超時空新世紀オーガス(1983)』『めぞん一刻(1986)』『ニルスの不思議な旅(1980)』てお前……遠慮ねぇのかよ、という。『オーガス』がわかったのは一人だけ、『ニルス』がわかるのも一人か二人、といったていたらくであった。『めぞん一刻』は作品名は認知されているものの、歌自体は誰も知らなかった。まぁ20代30代が相手じゃしょうがねぇな。

一方で彼らが歌うアニメソングは、映像を見れば作品名くらいはわかるものの私が歌えるものはほぼ皆無であった。見てないから当然だけど。作品も動いてるの始めて見た、とか。最近のアニメはかっこいい動きするんだねぇ。一方で私と同世代の人が入れた『逆襲のシャア』の動きも負けないくらいかっこいいけど。

私、『ニルス』は『999』と並んでゴダイゴの歌だという気がしてならないのだが実際にはタケカワユキヒデは作曲だけで、歌っているのは「加橋かつみ」という人らしい。

ニルスのふしぎな旅 - Wikipedia

作曲がタケカワユキヒデなので、「ゴダイゴの曲」と誤って認識している方も多いようです。 歌っているのは、元タイガースで「トッポ」の愛称で親しまれ、クリアな高音部を担当していた「加橋かつみ」さんです。  メロディも歌詞も覚えやすくて(とはいえ、冒頭の英語の部分は小学生には無理でしたが)、名曲でした。 なお、このTVシリーズを編集した劇場版が存在しており、そちらの主題歌はゴダイゴが担当しています。 --via nils

ところでデンモク、つまりリモコンが大部屋に一つしかなくて、カラオケ屋が機材メンテする余力のなさをうかがわせる。カラオケ流行ってないもんな。

一方でiPhoneアプリに「デンモクmini」というのがあって、手元で曲検索ができるのは便利。

デンモクmini

デンモクmini

  • DAIICHIKOSHO CO.,LTD
  • エンターテインメント
  • 無料

アニメのジャンルを開くと、番組名ごとにまとめられていて、探しやすい。デンモクはページング処理が面倒くさくて一覧性が低いが、iPhoneアプリはさくさく見られるので眺めて飽きない。iPhoneには赤外線機能はないが、DAMに8989-01をリクエストするとQRコードが表示され、それによってiPhoneアプリDAM本体を接続して曲送信できるみたい。いったんカラオケ始まっちゃうとちょっと中断して、というわけにいかないけど、最初にやったら便利かもね。

「とりあえず50」という機能があり50曲だけ記録しておけるようなのであるが、50曲じゃ全然足りんなぁ……。画面スクリーンショットして保存しとく方が実用的かしら。検索できねえか。そこまで手間暇かけるほどカラオケ行かないけど。6年ぶりじゃねぇ。

関係ないけど、iPhoneの純正画像アプリはほんと検索性低くて困る。せめてファイル名でソートと、コメントつけて保存くらいしてほしい。

あ、思い出した。カラオケ行ってないけど、そういやワンカラ(一人カラオケ)は一回行ってみたな。でも日記に見当たらない……。

1年前の日記

追憶のストレートフラッシュ [74thHeaven]

[EOF]