読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさかのサービス

二郎 西台

最近仕事が忙しい(旦那が無職なので)カミさんが、珍しく「今日は外食にしよう」と言いだしたので、二郎へ。四半期に一度行くくらいは何ほどもあらず……と言ってしまったのは私だ。西台の二郎は別に嫌いというわけではない。ただ食べきれないし、別にそれほどありがたがるほどでもないと思っているだけだ。麺もよそのカミさんの好きな二郎に比べれば普通だし。

珍しく、店外に行列がなくてすっと入れた。中で2〜3人待ってはいたが。

麺好きの娘は上機嫌でお店に入っても浮かれている。自分の存在が店内で浮いていることに気づくにはまだ若い。

普通のラーメンのチケットを2つ購入。私は普通には食べきれないので、娘と分ける予定でいる。

ほんとは待ち行列の間にチェックしようと思っていたのだが、前回来た時の記録を日記から探す。 二杯の二郎 - 74thLife

前回の私からの助言は

小でさえ私には量多い。しのさんに分けても食べきれなかった(苦笑) まぁ新宿出る前にドーナツ食べちゃったせいもあるが……。一人なら「ミニラーメン 650円 (麺半分・豚1枚)」で十分な気がする。 --via 二杯の二郎 - 74thLife

……もう小チケット買っちゃったし。いや、だが今日は間食してない。わしのモテる力を出しきれば、いけるか?

家族横並びにしてくれて、さて恒例のオプション指定。
店主「旦那さんはにんにくは」
も「全部普通で」(店主は小さく「そのまま」とつぶやいたので、オプションの指定は「そのまま」「何もなし」が正しいみたい)
店主「奥さんは」
カミさん「(なんと返答したか忘れた)」
店主「娘さんはにんにくいる?」
カミさん「え?」
も「え?」
店主「娘さんはにんにく食べられる?」
私はオプションの詳細がわからないので、オプションの指定はカミさんの仕事だ。
カミさん「(我に返って)あ、なしでお願いします」

チケットを2枚出したのだが、出て来た丼は3つ。娘用は流石に少し小さいが、これは店主からの粋なサービス……

まさか2月に娘が「美味しい」と食べまくっていたのを覚えていたのか? たしかに店主も「子供はおいしいものは食べるよね」とご満悦だったが……。

ということは、父は娘に分けないで完食せねばならん。しかも店主の心意気に答えるために全力で。

いや……お父さんもがんばったんですよ?(敗北) カミさんが食べてくれました。一杯食ってまだ食えるのかあんた。

二郎西台。大人二人分を頼んで娘と分ける予定がまさかの娘の分が別に出てきて驚愕。 - 74thLife

靴紐

自転車に乗ろうとしたら靴紐がとけていることに気づいた。直そうとしたら、娘が靴紐を結んでくれた。

いや……結べてませんが……。

1年前の日記

見つからなくてもタンクローリー! [74thHeaven] [EOF]